こんだて表

10月
きゅうしょくだより
≪もったいないの気持ちを大切に≫

「もったいない」という言葉は、ものを大切にする気持ちのあらわれです。
食べ物を無駄にしてはいけないと思うのも、「もったいない」のひとつです。
〜子どもが「残さずに食べられた」と思える工夫を〜
子どもが食欲がない時は、食器に普段の半分くらいの量をもりつけ、食べたらおかわりをするようにすると、子どもが「残さず食べられた」という意識を持つことができます。また、食事の時に空腹になるように、間食をとり過ぎないようにして、食事の前にジュースなど飲み物は控えましょう。

その日食べた給食・おやつを、玄関に展示しています。どうぞご覧下さい。
尚、18:40を過ぎると、さげさせていただきますのでご了承下さい。

トップへ戻る