こんだて表

1月
きゅうしょくだより
≪正月に気をつけたい!窒息事故≫

 乳幼児の食べ物による窒息事故は、0から2歳で多く発生していますが、年長児でも起こっています。窒息を起こしやすい理由のひとつに食べ物を丸のみしようとすることがあげられます。窒息の原因となる食べ物にはいろいろありますが、1月は特にもちを食べる際に注意が必要です。窒息事故を防ぐためには
(1)テレビを見ながらの食事や、口に入れたまま話すことはさせない。 (2)食べる機能の発達に合わせて食品を適切な大きさにする。 (3)食事の際は誰かがそばにいて注意して見守る。 (4)ゆっくりよくかんで食べるように注意を促す。 (5)遊んだり歩いたり寝転んだりしたまま食べさせない。 (6)食事中にびっくりさせるようなことはしない。

その日食べた給食・おやつを、玄関に展示しています。どうぞご覧下さい。
尚、19:00を過ぎると、さげさせていただきますのでご了承下さい。

トップへ戻る