こんだて表

1月
きゅうしょくだより
≪たくさんの願いがこめられた「おせち料理」≫

 お正月は1年の中でも年神を迎えるとても大切な「節」の日なので、お供えする料理を「節供料理」「御節供料理」というようになり、それが縮まって「おせち」というようになりました。
「栗きんとん」…金色の財宝にたとえて、豊かな1年であるように。
「昆布巻き」…「喜ぶ」にかけて。
「黒豆」…まめに(健康に)くらせるように。
「田作り」…小魚を肥料として田畑にまいたことにちなんで、豊作への願いをこめて。
「数の子」…卵の数が多いことから、子孫繁栄を願って。
このほかにも、おせち料理は地域や家庭によっていろいろな形でひきつがれています。

その日食べた給食・おやつを、玄関に展示しています。どうぞご覧下さい。
尚、18:45を過ぎると、さげさせていただきますのでご了承下さい。

トップへ戻る